私には50代の叔母がいます。この叔母何か色々とスゴいんですよ。

仕事もバリバリこなしていて忙しそうなのに、運動だって人並み以上にしているみたいです。とにかく50代とは思えないほどパワフルな生活を送っているんですよね。

そんな叔母の一番の自慢がお肌なんですよね。確かに50代とは思えないほどの状態を保っているんですよ。美魔女とはお世辞にも言えないような感じですけど、肌がキレイなだけで10歳くらいは若くみられますよね。羨ましい限りです。

少し前までは叔母のお肌はそんなに気にならなかったんですけど、最近気になるんです。

それは、私の肌が急激に衰えているからです。以前は若さに任せて適当に化粧していても明らかに私の肌の方が若く見えたんですけど、最近の私の肌が劣化してきたみたいで、叔母と肌年齢が一緒くらいに見えるんです。調子の悪い日は私のはだの方が老けて見える時もあります。

近くに若く見える人がいると焦りますよね。同年代だって焦るのに、一周り以上の年齢差がある人が相手だと焦りまくりになってしまいます。

そんなこんなで、半年くらい前から美肌対策を始めるようになったんです。キチンとクレンジングして洗顔をするようになりました。保湿だってそれまでは適当にやっていたんですけど丁寧にするようにしました。

自分なりにかなり頑張ったおかげで結構肌の調子はよくなってきました。でも、叔母の肌の状態と比べると何か質感というか、潤い感というのか、とにかく何かが違うんです。

そこで、思い切って叔母に聞いてみることにしたんです。

クレンジングや洗顔、保湿の方法なんかは特に違いはなかったんです。でも、明らかに違っている所があったんです。

それは、ファンデーションでした。叔母が使っているファンデーションはお肌に優しいタイプの物を使っていたんです。

私はそれまで、プチプラとまではいきませんが、何となくな感じでファンデーションを選んでいました。この年になると何となくじゃダメなんですよね(-_-;)

叔母がファンデーション選びで参考にしている、50代のファンデーションを紹介するサイトで紹介されているファンデーションは、私の年代が使っても美肌の効果バツグンだというので、早速ファンデーションを代えてみることにしました。

ファンデーションを代えてしばらく経ちましたが、確かにお肌の艶と潤いが良くなってきました。ファンデーションひとつでここまで違いがでるのは驚きです。

目指すは50代になっても叔母のように若さを保つことです。これからもスキンケアを頑張ろうと思います(*^^*)